夜行バスは安全なのか

現代において交通機関は重要な役割を担っている。航空、鉄道、バスなど多くの交通機関によって私たちの生活、また経済が成り立っているのが現代である。ここで注目したいのは、この中の一つであるバスでも、夜行バスに注目してみよう。まず夜行バスは高速バスの括りの一つであると言えるが、現在高速バスのイメージは良くないのが現状であろう。近頃、高速バスもしくはツアーバスなどの事故がメディアによって日本全国に大きく報道され、高速バス会社に対する世間の目は以前よりも高まっているはずである。そのため、各高速バス会社の緊張も高まっていることだろう。夜行バスの魅力はなんと言っても、その低価格であろう。価格競争により驚く程に低価格な夜行バスもそんざいする。他の交通機関とは大きく安い価格で移動できるのは経費削減にはとてもありがたいことである。

例えば、関東から九州までの距離であれば、夜行バスであれば飛行機または新幹線の半額で移動することができる。他のメリットは、睡眠時間の間に移動も行えるという点であろう。これは一石二鳥のような気が筆者はしないでもない。また、各バス会社によってサービスも異なるが、中には映画鑑賞などのサービスもあるようだ。バス会社それぞれのサービスを見比べるのも、移動を快適にする上ではいいかもしれない。しかし、メリットばかりではないのも事実である。まず、長時間のバスの乗車は辛いのが常である。腰痛持ちの人は乗るべきでないのは確かだ。特に移動距離が短めの夜行バスではリクライニングなどや席が少々窮屈である可能性が高く、疲労度は大きい。途中での休憩時間では是非外に出て体のストレッチをしてあげよう。見苦しいかもしれないが、貧乏ゆすりも足のむくみ解消にはとても効果的である。長距離となると移動時間は半日以上も要してしまう。飛行機であれば、その時間は五分の一程まで短縮できるのである。低価格より、時間を有効活用したい方にはやはり大きな差であろう。また、今後または夜行バスをよく使用する方は低価格であることだけで選ぶのは気をつけるべきだ。

格安である反面、安全性が少々不安にも感じられることがある。安全性を考慮した上で利用するバス会社を選択するべきだろう。各バス会社も低価格ばかりで競争するのではなく、他のサービスで高め合っていくことが求められるだろう。現在の日本は安全に対する意識がとても高い。この安全を交通機関は常に意識した上で他の面の向上を目指して欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*