夜行バスとマイカーの比較

夜行バスは、夜間に出発地点を出発し、目的地には翌日の早朝などに到着すると言うもので、寝ている間に目的地に到着出来る事と、費用が安くなるという2つのメリットがあるのです。この夜行バスの費用なのですが、これは毎月値段が変わるという特徴があります。これは繁盛期や閑散期となる時期でもあるわけですが、閑散期が当然安くなるようになっています。東京から大阪までの距離を走る夜行バスの料金は2000円前後だと言います。東京から大阪までを電車を利用すると、1万5000円程度の費用がかかりますので、その費用の7分の1以下で東京から大阪まで行けてしまうわけです。しかし、バスでの移動となりますので時間は掛かるわけです。そのため、急いで移動をしなくてはならない場合には利用するのは難しいわけですが、特別急ぐ旅ではないという場合にはかなりお得と言えます。

仮に、夜行バスが2000円で電車が15000円であれば、差額は13000円になります。この13000円を往復と考えればどうでしょうか。激安と言えるのではないでしょうか。旅行で夜行バスを利用すれば、旅先で豪華な食事を取る事も可能ですし、家族での旅行であれば、この数倍ものお金が節約出来るのです。マイカーを利用して移動しても安く移動が可能ですが、マイカーでは運転をしなくてはなりません。しかし、夜行バスであれば、運転をする事無く、目的地まで寝ていられるという魅力は大きいのです。仮に、マイカーで東京から大阪まで行く場合は、ガソリン代と高速代と言うものが掛かります。しかし、マイカーを利用した方が高くなります。これを分析すると以下のようになります。家族4人で東京から大阪まで移動すると仮定します。高速バスでは片道1人2000円(あくまでも最安値で計算してあります)ですから、4人で8000円と言う事になります。一方、マイカーの場合は、かかる費用というものは、高速代とガソリン代のみです。ここでは車の維持費用などは考えない事にします。東京から大阪までの高速代は、約12000円になります。後はガソリン代と言う事なのですが、ガソリンは車の燃費に大きく左右するものであり、リッターあたり20キロを走行可能な車だとすると、東京から大阪までは約500キロありますので、500キロを20キロで割ると、25リットルのガソリンが必要になります。

ガソリン代を130円として計算をすると、130円X25リットルとなり、これに先ほどの高速代を加算すると、合計15250円となり、断然夜行バスの方が安くなるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*